生徒と生徒の共同

※共同データベースの構築

【例】

さらに詳細な事例もある。バイオネットでの活動は,近年さらに包括的になって来ている。
例えば,環境と健康のプロジェクトには,薬草データベースの下位プロジェクト http://www.bionet.schule.de/health/healmed/index.html がある。


※電子メール(コミュニケーション)プロジェクト

【例 】


※共同調査とウェブプレゼンテーション(学級・クラブ)

【例】


※共同書き込み

【例】


※競争への参加

【例】


※ワークスペースの共有

教育プロジェクトに対して提供される,ドイツで最も著名なワークスペースは,
BSCW - Basic Support for Cooperative Work (http://bscw.gmd.de/)である。
今は,主に教師が協働のため(NRWの教育サーバー "learn-line" http://www.learn-line.nrw.de/)や,
大学レベルのプロジェクトに用いられているが,
子どもたちによる利用も奨励されており,将来的にはより高学年でも利用できる共通のツールになる可能性を秘めている。

学校での利用に関するBSCWの実例は,Ludger Humbertのページを参照。
http://in.Hagen.de/humbert/vortraege/welcome.html


to index
Irene Langner, http://www.irene-langner.de/,
this URL: http://www.irene-langner.de/docs/19991112/stud_stud.html
Last modified: 1999-11-01